ホームオススメ商品 >【ゴールドウェル】 カラランス



colorance

カラランス<微酸性酸化染毛剤>
●微酸性(pH6.8)。髪に余計な負担を与えずに、クリアで深く
  鮮やかな色味とツヤを与えます。
●膨潤させにくい設計でリフト力が不要な既染部に最適です。
●透明度が高い、くすみのない色構成だから色の重なりによる
  濁りの心配がありません。
●トリートメント成分(ビタミン誘導体・植物プロテイン)配合により
  髪本来のツヤ・弾力・感触を取りもどします。
●適度な粘性のあるローションタイプ。手で軽くもみ込むだけで
  素早く髪に馴染み、ブラシワークは不要です。
●トップシックと共通展開だからリタッチの色合わせが簡単。
  既染部のリフレッシュやトーナーにも最適です。

第1剤120g(全25色)医薬部外品/第2剤1000ml(2%)医薬部外品


※pdfファイルが開きます




求められているのは、本当にツヤ感の続くヘアカラー
アルカリカラーのくり返しや、明度の高いカラーリングの継続などで、
ダメージが進行しているお客様の髪。
ヘアカラーも「色が明るい・染まっていればいい」という時代は終わりました。
お客様は、ダメージを気にせず、色味・ツヤ感のあるヘアカラーを求めています。




望まれているのは、既染部を追求したヘアカラー
今、20代前半女性のヘアカラー比率は90%。
サロンでヘアカラーをされるほとんどのお客様が既染部への施術ですが、
既染部の実態は複雑で深刻です。




既染毛は・・・「思い通りの仕上がりが得られない」
 
ツヤがなく
傷んでいる
●くり返しのカラーには耐えられない。
シェードの選定、
計算が困難
●アンダートーンを計算し、薬剤選定しなくてはならない。
●色の重なりや吸いこみにより、透明感がなく、
  くすみ(濁り)ある仕上がりになる。
●褪色は早いのに、くすみだけは残留し蓄積する。
施術に剤の
量と時間がかかる
●特にダメージがある場合、髪に剤がなじまず、
  多量の剤が必要になる。
●ムラを避けるため、スライスが小さくなり、コーミング
  回数も増えることで、不必要なダメージを与えてしまう。
 
そんな悩みを解決する“カラランス”


 
 
“カラランス”は既染毛のダメージを低く抑えて、
美しい色味、ツヤを表現します。


難しいと思われている既染部へのヘアカラーにカラランスを使用することで、
施術が楽しく、簡単になり、自信がもてます。
既染部へのヘアカラーこそ、
プロフェッショナルカラーの見せどころです。



■ツヤ感が続き、傷みにくいpH6.8
●微酸性酸化型のpH6.8
●ダメージヘアにも安心して、
  くり返し使用出来ます。



■シェードの選定、計算がシンプル

●薬剤選定がシンプルで確実です。
●彩度が高くクリアな発色で、色の重なり、吸いこみによるくすみの心配も
  ありません。
●褪色時にも、嫌な残留色素が残らず、カラーリフレッシュ、カラーチェンジも
  クリアで鮮やかです。
●思い通り、計算通りの結果を実現します。




■多量の剤を使わずに、短時間での施術が可能

●塗布しやすい適度な粘性で、髪に素早くなじみ、少量の剤でスムーズに
  施術が出来ます。
●ハケでの塗布が不要。
  アプリケーターから髪へ直接塗布し、馴染ませるだけです。
●過度のコームワークによる、不要なダメージをあたえません。
アプリケーター式だから塗布も簡単で施術も早い。もみ込むだけで、素早くなじむ適度な粘性。ブラシワークも不要。


 
 


価格など、詳しくはコスモアークの担当者、
もしくはこちらまでお問い合わせくださいませ。